かわいいティーポット

更年期障害は、加齢・老化に伴うホルモンバランスの変化によって、様々な身体的・精神的症状が出現します。特に、閉経後の更年期女性に発症する確率が高いとされていますが、中高年の男性の発症率も上昇傾向にあります。

更年期障害の初期症状は、個人差がありますが、冷え性や多汗性など温度感覚の維持が困難になったり、精神的不安・焦燥感の増大による不眠性やうつ症状に陥ることがあります。口腔内が乾きやすく、口渇感を感じることから、お茶など飲み物を常に携帯し、必要以上の飲水習慣によって、水依存症などの疾病に至るケースも稀にありますが。更年期の症状をコントロールするための服用薬、加齢などの影響により、水分の必要量は、増大するため、積極的な水分摂取が推奨されています。

更年期障害の対策
更年期障害は中年女性に多くみられるもので、ホルモンが急激に減少することが原因とされています。症状としては、ほてり、むくみ、発汗、憂うつ感など、症状は人によってさまざまで、症状の程度もかなり個人差があります。

冷え性に悩まされる人も多く、それには温かいお茶が効果的です。血液をサラサラにする効果があり、血液の通りを良くして、身体を温め、便秘にも効果があります。更年期障害に悩んでいる人は持続して飲んでみると良いです。

更年期障害への活用法
更年期障害への活用法として、漢方薬と同じ効果があるお茶を飲むことで改善される場合があります。治療方法として、ホルモン補充療法やカウンセリングなどの心理療法、薬物療法がありますが、薬物療法では、昔から東洋医学で血の道といわれる更年期の不定愁訴の治療に効果を発揮してきました。漢方薬でも胃腸障害などの副作用がある時もあり、茶にその効果があるものを、飲めば手軽に副作用もなく体質改善します。

他にも、冷え性等の、生活に支障をきたす症状がありますので、症状に合わせて対応する事が必要です。

色々な茶葉

ベニバナのお茶は血液をサラサラにすることができるため、血行の不良に効果的であり冷え性を改善したり更年期障害にも効果が期待できます。ざくろが配合されているタイプは、エストラジオールが含まれているため、女性ホルモンが減少してしまったことによる更年期の障害に有効です。

よもぎもビタミン類が豊富であるため、内臓の働きが良くなり冷えの改善が期待できます。零芝などのキノコ茶も、更年期による自律神経が失調した際の症状に良いです。

お茶の効果
更年期障害による自律神経の乱れや、血流の悪化によって冷え性になる事があります。体を温めることで改善できますので、温かい飲み物を取る事が有効な対策です。

お茶は、ビタミンを含み、血行をよくする効果もある優れた飲み物です。お茶の中でも、よもぎ茶、クコ茶、どくだみ茶、びわ茶、かりん茶、杜仲茶、ゆず茶、タンポポ茶、ベニバナ茶などは特に血行促進効果が高い飲み物です。体内の不要物を洗い流し、美肌効果やダイエットも期待できます。

あったかいお茶

東洋医学では「冷えは万病のもと」といわれ様々な病気の根底とされてきたように、冷えは肩こりや頭痛、不眠や肌荒れなどを引き起こすだけではなく、アレルギー性疾患や慢性関節リウマチ、気管支炎など、他にも病気の誘因となります。ゆえに、冷え性対策をすることが大切です。

冷え性と食生活は深い繋がりがありますが、毎日飲むお茶にも体を冷やす種類と温める種類があり、温めるものは茶葉を発酵させたものです。

また、更年期障害の症状が出る時期になると、冷えを感じる場合が多くあります。これは主にエストロゲンの分泌量が低下するために、体温や発汗の調整がうまくいかないことで起こります。

お茶の概要
お茶とは茶ノ木と言う植物の茎や葉を乾燥させ、それからエキスを抽出して作る飲料の事です。広義な意味では、茶ノ木以外のものを使って、そのエキスを抽出した飲料水もお茶と呼ばれる事があります。

近年では健康ブームもあり、健康に良いドリンクとして注目を浴びています。冷え症や更年期障害にも良いとされ、健康茶として売り出されているものも多いです。茶に含まれるカテキンに注目をしてカテキン効果を謳っている茶も多く発売されています。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年9月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
オススメリンク